スポンサード リンク

ガリレオ 最終回 あらすじ

【ガリレオ最終話】
ついに来週はガリレオの最終回になりました。

<<最終話あらすじ>>
昔の恩人である木島(久米宏)を湯川(福山雅治)は、訪れた。

自然公園で見つかった射殺体と、龍仁湖で起きた爆死事件の被害者のどちらも木島の会社の社員であるということを知った湯川は草薙(北村一輝)からの連絡で知る事になりそして事件のことを木島に切り出した。

湯川は、どちらの事件の被害者も放射線被爆していたことから、湯川は、木島が帝都大の教授だったころ、彼の下でその研究をしていた中性子を100%反射する幻の合金の研究をいまでも続けているのではないか、と木島に問いかけた。この幻の合金は軍事利用も可能な素材なのだった。

そんな中、湯川と木島の関係を湯川研究室を訪ねた薫(柴咲コウ)は、栗林(渡辺いっけい)から、教えられる事となる。

木島が大学を解雇されたのはもしかしたら湯川が木島の研究を大学側に告発したからだ、と栗林は告げると、これ以上木島に湯川は関系を持つべきではない、と薫に伝える。

その話を聞いた薫はにショックを受け、湯川からの電話にも全く出ようともしないで、先輩の弓削(品川祐)とともに木島の会社を調査しなおす。

そんな夜に、湯川が薫の所にがやって来てどうして電話に出ないかを問われた。湯川に薫は、迷惑をかけたことを反省した、とお詫びをして、その湯川のもとから立ち去ろうとする。

そんな薫に対して湯川は、これ以上薫とは関わらない、言いながらも、今回の事件の謎は必ず解明する、断言するのだった。

しかしその次の日、木島の秘書である京子(本上まなみ)が、今回のふたつの事件は自分が犯したのだという遺書を書き残して自殺してしまう。

その死に薫は、疑問を持つのだったが…。

<<ガリレオ最終話視聴率予想>>
ついに最終回になりましたが、全話を通して視聴率20%を超えましたね。

最初の数話で即ガリレオの映画化が決定しましたね。それだけ人気があるこのドラマの最終話の視聴率の予想は25%近くまで行くと思います。
というか希望ですけどね^^;
若干不安なんです。香取真悟さんが出場してもあまり視聴率に変動が無かったので果たして最終回でどうなるかが興味深いところですけど。。。
posted by ガリレオ at 13:42 | ガリレオ あらすじ一覧
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。